育毛剤よりまず亜鉛!髪の問題は内分泌系の問題です!

抜け毛が増えてきたり、髪が薄くなると人は
すぐに育毛剤に走りますが、育毛剤はあくまでも外用薬

 

頭皮の上から塗布するものですよね。

 

髪の問題、特に男性型脱毛症の人は外用薬の育毛剤を
使用してもその効果には限界があるのです。

 

なぜなら、髪の問題は内分泌系で起きているから。

 

特にAGA、男性型脱毛症は男性ホルモンの分泌によって
引き起こされている問題なのです。

 

具体的には善玉男性ホルモンであるテストステロンが、
活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに
変化することが原因なのですが、

 

この内分泌系で起きている問題を頭皮から塗布する育毛剤で
解決するのは正直難しいです。

 

第一、頭皮から塗布された育毛剤は毛根の毛の再生組織である
毛乳頭細胞や毛母細胞までなかなか届かないのです。

 

お分かりですか?

・・・

 

もちろん育毛剤には主として頭皮の血行を促進するという
効果がありますが、育毛剤に走るよりまず先に

 

”内側からの改善を試みること”

 

が重要なのです。
内側からの改善を試みたときに最も効果的な成分が亜鉛

 

亜鉛は、細胞の新陳代謝に切っても切れない関係がある成分です。
さらに、悪事を働く活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの
発生を抑えるという効果があるのです。

 

AGAで悩んでいる人であれば、亜鉛ほど効果的な栄養素はないですよ!

亜鉛の育毛サプリメントの副作用について|気になる人ご確認下さい!

  • 弱った毛母細胞を活性化
  • ジヒドロテストステロンの発生を抑止

 

この2つの働きで髪のトラブルに悩む男性の強い見方である
栄養素の亜鉛

 

育毛サプリメントで亜鉛の摂取を検討している人も
いると思いますが、サプリメントを服用する前に
確認しておきたいのが、副作用ですよね。

 

サプリメントに含まれる亜鉛ですが、ご安心下さい。
サプリメントに含まれる量で副作用を引き起こすことはまずありえません

 

一度に大量に摂取すると神経症や腎障害といった
中毒症に陥り可能性はありますが、サプリメントに
含まれる量ではまず問題ありません。

 

逆に、

 

亜鉛不足による欠乏症のほうが深刻です。
亜鉛は、細胞の新陳代謝に欠かせない成分で、この成分が
不足すると以下の症状があらわれることがあります。

  • 発育障害
  • 味覚の異常
  • 免疫力の低下
  • 生殖機能の低下

 

人間の各器官を構成しているのは、細胞。
その細胞が細胞分裂をスムーズに繰り返すことで各器官は
正常に働くのですが、亜鉛が不足すると細胞の分裂が停滞し、
様々な異常を招いてしまうのです。

 

特に、現代人にありがちなインスタント食品や
加工食品にはあまり亜鉛は含まれていません。

 

牡蠣やゴマ、タラバガニ、スルメなどに多く含まれていますが、
毎日こういったものを食べ続けるのは難しいものです。

 

うまくサプリメントを使って効率的に亜鉛をとったほうがいいですよ。